サーモグラフィー雨漏り診断
o0447ee14054c50d1a31a175b45779253_462069

あなたの家の見えない部分を点検します!!

「赤外線サーモグラフィー」による調査は温度変化によって漏水個所を特定します。日射が当たっている外壁面で雨漏りしていて、滞水していれば、壁の裏側に水分があるので壁の表面温度は下がります。  水の侵入箇所と侵入していない箇所の表面温度差を赤外線サーモグラフィー装置で測定し、どこから雨が侵入しているのか解析するのが赤外線建物診断です。